医学部多浪は無駄なのか

驚異の卓球上達法 > > 医学部多浪は無駄なのか

医学部多浪は無駄なのか

2015年4月23日(木曜日) テーマ:

ある医学部受験コーディネーターが、「医学部だけ志望している人は2浪までにどこかに合格できなければ、医学部に向いていないと自覚した方が良いのですか?」と受験生から質問を受けました。

多浪生の場合、面接で「多浪していますが、何か問題があったんですか?」という類の質問をされる傾向にあります。

医学部受験コーディネーターも同じ意見ではありますが、難関と言われる医学部でも普通に努力してがんばれば2浪で合格できると考えています。

ただ、そのためには前提条件が2つあり、1つは本人が医師になりたいという希望があること、2つ目は通常の学習能力を有していることです。

本人のやる気がはっきりしていれば、時間をかけて基礎から教えて必ず合格できると考えていましたが、中には学習したことが定着しない、いわゆる学習障害のケースがあります。
復習に時間がかかり、前日に学習したことが記憶としてしっかり残って行かないので知識の積み重ねができず、関連する内容を結びつけることもできないので、それぞれが単独の記憶として認識されるようでした。

ですから、本人のやる気がしっかりあって、通常の学習能力があるという前提条件がクリアされていれば、普通は2年、上手く行けば1年で医学部に合格することは可能です。
慶応進学会フロンティア
そう考えると2浪までで合格できない受験生は、前提条件をクリアできているか確認した方が良いでしょう。



関連記事

探偵事務|使い道については異なるのですが...。

探偵事務|使い道については異なるのですが...。

2016年9月 4日(日曜日)

大抵の脱毛サロンでは...。

大抵の脱毛サロンでは...。

2016年5月13日(金曜日)

医学部多浪は無駄なのか

医学部多浪は無駄なのか

2015年4月23日(木曜日)

カイロプラクティックと腰痛

カイロプラクティックと腰痛

2015年4月16日(木曜日)

お気に入りの納豆

お気に入りの納豆

2014年11月26日(水曜日)